【旭川市】ドローンスクールで学ぶなら!動画制作で空撮を取り入れるメリット

旭川市のドローンスクールなら!動画制作で空撮を取り入れるメリット

旭川市のドローンスクールでは、撮影のための技術取得を目指して受講される方もいます。動画制作にドローンを用いるメリットは多く、空撮コストの削減やインパクトのある映像の撮影が可能になるのです。

動画制作で空撮を採用するメリットとは?

青空とメリットの文字

ドローンは様々な分野で活用されており、そのうちの一つが動画制作です。こちらでは、ドローンによる空撮を動画制作に採用するメリットについて解説します。

インパクトのある動画になる

動画制作をするにあたり、撮影視点はとても重要です。

同じ場所で撮影した動画でも、撮影の仕方次第で視聴者に与える印象は全く異なるものになります。そのため、撮影者は撮りたい動画のイメージに近づくように、様々な角度からの撮影を検討・実施します。

ドローンによる空撮は、「空中からの視点」という通常では見られないダイナミックな映像を撮ることができる方法です。ありふれた被写体でも、空撮することによって違う視点を取り入れられるのが魅力といえます。

高画質の撮影も可能

ドローンは小型の無人機なので、搭載するカメラサイズには限りがあります。しかし、最近では小型カメラも高性能なものが多いため、ドローンに搭載するカメラでも十分キレイな映像を撮ることができるのです。

また、ドローンは操縦者とカメラマンの分業が可能なので、それぞれのプロが協力しながら撮影できます。

低空や狭所でも撮影可能

ドローンはローポジションも得意です。子供目線での撮影や、地面に近い位置からの撮影もできます。カメラを固定する必要がなく、自由度の高いカメラワークが可能です。また、ドローンなら、移動している被写体や走っている人物もキレイに撮影することができます。

さらに、ドローンは工場や建物、木々の隙間など狭い所の撮影も可能です。事故や災害リスクのある場所、急斜面などの人が立ち入ることができない所でも活躍することから、有用性が高いといえます。

コストが安い

かつては空撮をするとなると、クレーンやヘリコプターが必要でした。燃料費はもちろん、パイロットやその他のスタッフの人件費もかかり、準備も大変でした。ヘリコプターは揺れが激しいためベテランのカメラマンでないと上手く撮影ができないなどの問題もありましたが、ドローンの登場によってその常識は大きく変わったのです。

ドローンはバッテリーのみで動かすことができ、安価な機体もあります。カメラマンと操縦者がいれば問題ないため、ヘリコプターを用意することに比べるとコストを抑えられるのです。

ご紹介したように、ドローンによる空撮は動画制作において様々なメリットがあります。

動画制作のためにドローンの操縦にチャレンジしたいという方も、ぜひ旭川市にあるドローン教習所 北工DS校へお問い合わせください。ドローン教習所 北工DS校では、無人航空従事者試験3級(ドローン検定3級)を取得できるドローン操縦士基礎講習から、撮影や作業点検、農薬散布などビジネスシーンに活用できる技術を学べる応用技能講習まで、様々な講習をご提供しています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

旭川市でドローン検定3級を目指すならドローン教習所 北工DS校へ

飛んでいるドローン

最近ではドローンが身近なものになり、様々な分野でドローンが活躍しています。

動画制作の分野でもドローンが用いられ、コスト削減はもちろん、ローアングルでの撮影や、狭い場所・危険な場所での空撮も可能となりました。今後、さらにドローン空撮の需要は増大すると予測されています。

ただし、ドローンによる空撮で制作者のイメージに合った動画を撮影するためには、カメラマンの腕とドローン操縦者の技術力が非常に重要です。

旭川市でドローン操縦の技術を学ぶなら、ぜひドローン教習所 北工DS校の講習をご利用ください。

ドローン教習所 北工DS校では、ドローンを飛ばすために必要な技術だけではなく、関係法令などの基礎知識も学ぶことができます。

ドローン操縦士基礎講習はどなたでもお申し込みいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

ドローンについてのお役立ちコラム

旭川市のドローンスクールでドローン検定3級を取得するならドローン教習所 北工DS校

会社名 株式会社北工学園モータースクール
設立 2018年
資本金 5,500,000円
住所 〒071-8101 北海道旭川市東鷹栖1条1丁目635
電話番号 0166-57-5818
代表者名 代表取締役 佐藤 光
事業概要 自動車学校の経営
URL https://hokko-motor.jp/

Contact

—お問合せ—

お気軽にお問い合わせください!

代表 0166-57-5818 代表 0166-57-5818

フリーダイヤル 0120-38-4466 フリーダイヤル
0120-38-4466