【旭川市 ドローンスクール】ドローンは農薬散布にも活用可能

旭川市のドローンスクールで応用技術を取得!ドローンで農薬散布を行うメリットとは?

旭川市でドローンスクールをお探しなら、ドローン教習所 北工DS校へ。ドローンを使った農薬散布の応用技能講習も実施しています。ドローンの活用方法の一つに農薬散布があり、作業時間を短縮することが可能です。

ドローンを活用した農薬散布のメリットとは

農薬散布しているドローン

ドローンとは、遠隔操作や自動制御によって飛行できる無人航空機の総称です。近年急速に普及し、様々な分野で活用されています。ドローンを使った農薬散布も、活用方法の一つです。

こちらでは、ドローンを活用した農薬散布のメリットについて解説します。

作業効率が大幅にアップする

農薬散布を人力で行う場合、動力散布機を背負った状態で穴の空いたチューブを田んぼや畑の両端に伸ばして、農薬を撒きながら歩くことになります。農薬散布には人手も必要ですし、体力のある若い人であっても重労働です。近年農業は人手不足や高齢化が深刻な問題となっており、人力での農薬散布が難しい農家も少なくありません。

ドローンであれば、1ヘクタールの広さの農薬散布を約10分で終わらせることができるといわれており、これは人力と比べて数10倍の速さです。また、ドローンを活用すれば広い田んぼや畑も一人で農薬散布できるため、人手不足の農家でも実施することができ、作業効率の大幅アップも可能です。

大幅なコストダウンが可能

上述したように人力で広い田んぼや畑に農薬散布を行う場合は人手が必要で、その人手を確保する人件費も必要でした。しかしドローンを活用すれば広い田んぼや畑の農薬散布も一人で行えるため、人件費を大幅に削減することができます。

農業用のドローンを導入するために費用はかかりますが、長い目でみればコストダウンになるといえます。

農薬に直接触れるリスクが少ない

ご存知のとおり農薬は本来危険な薬品です。安全性が確認されているとはいえ、人力で散布する場合に長時間直接農薬に触れて、人体に全く影響がないとは言い切れません。実際、毎年少数ではありますが、農薬散布に関連した中毒被害や死亡事故なども発生しています。

しかし、ドローンを活用した農薬散布なら遠隔操作で行えるため、農薬に直接触れる時間は格段に短くなり、リスクを大幅に軽減することが可能です。直接触れる時間が短くなれば、農薬が人体に与える影響も最小限に抑えることができます。

ここまでは農薬散布にドローンを活用するメリットについてご紹介しましたが、ドローンの活用にデメリットがないわけではありません。上述したように農業用ドローンを購入する費用が必要ですし、ドローンの操縦方法を学ぶための時間やお金も必要です。また、ドローンを使った農薬散布を行うためには、国土交通省などへの許可申請も必要になります。

しかし、ドローンの導入にかかる初期費用は数年で回収できるため、導入するデメリットよりもメリットのほうが大きいといえるのです。

ドローン教習所 北工DS校では農薬散布について学べる応用技能講習も実施!

畑の上を飛んでいるドローン

近年ドローンは様々な分野で活用されており、農業における農薬散布もその一つです。人力での農薬散布は人手が必要なだけでなく、特に高齢者にとっては大変な重労働でもあります。

ドローンを活用した農薬散布なら、人力で散布するよりも作業時間を大幅に短縮することができ、少ない人数で作業できるため人件費の削減も可能です。また、長時間農薬に触れる恐れのあった人力での散布に比べて、遠隔操作できるドローンなら農薬に触れる時間を大幅に短縮することができます。

導入の初期費用は高額になりますが、数年で回収することができるため、導入するメリットは大きいといえます。

農薬散布を安全に行うなら、ドローン操縦の技術をしっかりと学んでおくことが大切です。

田んぼや畑への農薬散布にドローンを活用したいとお考えでしたら、ぜひドローン教習所 北工DS校の講習をご活用ください。

ドローン操縦士基礎講習を受けることで、操作に必要な基礎知識と関係法令の知識を身につけることができます。応用技能講習では農薬散布などビジネスシーンで活かせる技術を学ぶことが可能です。

旭川市でドローンスクールをお探しの方は、ぜひドローン教習所 北工DS校の講習内容をチェックしてみてください。

ドローンについてのお役立ちコラム

旭川市のドローンスクールで農薬散布の技術を身につけるならドローン教習所 北工DS校へ

会社名 株式会社北工学園モータースクール
設立 2018年
資本金 5,500,000円
住所 〒071-8101 北海道旭川市東鷹栖1条1丁目635
電話番号 0166-57-5818
代表者名 代表取締役 佐藤 光
事業概要 自動車学校の経営
URL https://hokko-motor.jp/

Contact

—お問合せ—

お気軽にお問い合わせください!

代表 0166-57-5818 代表 0166-57-5818

フリーダイヤル 0120-38-4466 フリーダイヤル
0120-38-4466